知覚過敏のお話

歯科助手の土屋ですnote

今回は知覚過敏についてお話ししたいと思いますwink

虫歯が見当たらないのに冷たいものがしみたり、歯ブラシが当たるとピリッと痛かったりする場合には、「知覚過敏」の可能性がありますsign01

知覚過敏の症状で特徴的なのは、「キーンimpact」という鋭い痛みであり、さらにその痛みは一過性で、冷たい水や摩擦などの刺激によって誘発されるということですshock

知覚過敏の原因はさまざまありますが、歯ブラシの間違ったやり方、歯周病や歯肉炎などがあげられますsweat01

知覚過敏の治療法には、歯ブラシの時にシュミテクトなど知覚過敏用の歯磨き粉を使用するflair
シュミテクトはドラックストアなどで購入できますshine

歯科医院での治療法は、知覚過敏用のお薬を塗る、歯科材料で痛みやしみる部分をカバーする、
痛みの強い所にレーザーをあてるなどの治療法がありますsign03

上新井歯科では最新の「ナノシール」という薬剤を主に使っていますlovely

症状の強さによって治療法も異なるのでお気軽にご相談下さいhappy01