むし歯予防の極意

歯科助手の土屋です

☆虫歯予防の極意は、「お口の中のphを5.6以上に保つこと!」

お口ののphは、普段は6.7位に維持されています。この状態では絶対虫歯になりません。
(pHとは酸やアルカリの程度を示す単位。7は中性、7より大はアルカリ性、小は酸性)

しかし、糖を含んだ飲食物を摂取するとプラーク中の細菌が酸を産生し、phが下がります。

そしてphが5.5以下になると、ついに歯が溶け始めます!

一度酸性になってしまったphは、時間が経つと自然にもとのphである6.7(中性)に戻るのですが、phが5.5以下の状態が長い時間続くと歯にポッカリと穴が空いてしまうのですよ!
pic20140617220219_1.jpg

pic20140617220219_2.jpg