子どもの治療

お子さんを
歯医者さんのドアをくぐるのはもちろん、
歯医者さんの治療台に座らせること、
それだけでひと苦労といった経験はないでしょうか?(/_;)

こんなに嫌がっているのだから、
無理やり歯医者に連れて行く必要はないのでは?」
と考えるお父さんお母さんもいるでしょう。しかし、
虫歯は放っておくと、
どんどん進行が進んでしまい、
あとに生えてくる永久歯にも
影響を与えてしまうことがあります。
3~5才の小児の時期であれば、
大人で1年、場合によっては
2~3年ほどかかる治療でも、
3~5回(目安)の通院で完治する場合もあるので、
ぜひ早めの治療をおすすめします!!

まずはお父さん、お母さん、
ご家族の方が先に治療を受けて、
それを目の前で見せると
「僕も、私も、やってみる!」
といった感じになるお子さんも多いです。
小さいお子さんを安心させるには、
ご家族の協力が一番です。

お子さんを歯医者に連れて行くときに
、大事なことは
「歯医者に行く心の準備をさせる」
ということです。
◎虫歯を放っておくと怖いことになること
◎治療の必要性
◎パパやママでは治せないこと
このようなことを、
お子さんにわかりやすく説明すると、
虫歯の治療に対する心構えができ、
治療をスムーズに行うことができるようになります。
それと、ぜひ注意してもらいたいのが、
お子さんが何か悪いことをした時に、
「そんなことする子は歯医者さんに
連れてくよ!」などと叱るのは
絶対にやめてください!(×_×;)
「歯医者さんは怖いことをする場所」
として認識するようになってしまいます。

このような事を注意し、
ぜひ定期検診を受けるようにしましょう(^^)