歯磨き粉の選び方  大人向け

こんにちは!歯科衛生士の大野です。

皆さんはどのように歯磨き粉を選らんでいますか?
薬局へ行くと、色々な種類の歯磨き粉が販売されていて、どれを選んでいいか迷う方も多いと思います。

当院でも、数種類の歯磨き粉を販売しています。歯磨きは毎日行うものなので、歯磨き粉選びは非常に重要です。

歯磨き粉の効果には、虫歯予防、歯周病予防、ホワイトニング  など、3タイプに分かれています。
虫歯を予防したい方は、フッ素が配合されているもの。歯周病を予防したい方であれば、殺菌力のあるものなど、選ぶ際に押さえておきたいポイントは違います。

今回の記事では、当院で販売している歯磨き粉を紹介します。自分に合った歯磨き粉が見つかるように、効き目のある成分をまとめてみました。

【コンクールジェルコートF】

歯肉炎、歯周病に効果的。
ジェル状の歯磨き粉が口内の隅々まで浸透。
フッ素コートの力で歯の再石灰化を促進し、塩酸クロルヘキシジンの高い殺菌力で口内を清潔に保ち、細菌の繁殖を防ぐ。
フッ素濃度950ppm
研磨剤無配合で、刺激が少なく歯茎が腫れて痛む方にも安心してお使い頂けます。

【チェックアップスタンダード】

虫歯予防に効果的。
フッ素の滞留性を高めて、口内の隅々までフッ素がいきわたるソフトペースト。
フッ素濃度950ppm
キシリトール配合で虫歯の原因となる酸の発生を抑え、虫歯になりにくい環境に整える。
歯や歯肉に優しい低研磨性。
泡立ちも少ない。
辛味も少なく、スッキリした香味。

【システマ薬用歯間ジェル】

より効果的な歯周病予防が出来る、歯間ブラシにつけて使うジェル状歯磨き。
歯周病になりやすい、歯間部に3つの薬用成分が長く留まる。
•IPMP(イソプロピルメチルフェノール)が細菌の強固なバリアに浸透し徹底殺菌。
•CPC(塩化セチルピリジニウム)が菌の増殖を抑える。
•グリチルレチン酸が歯肉の炎症を抑える。

【アパガードリナメル】

着色汚れを落とす成分配合で歯を白く保ちたい方に効果的。
歯垢をこすり落とすのではなく、吸着して落とす効果。
傷ついた歯の表面を修復し、着色しにくい歯にする。
ナノ粒子薬用ハイドロキシアパタイトが、虫歯の原因となる歯垢を絡め取り、汚れが付きにくいツルツルの歯にしてくれます。
研磨剤無配合、泡立ち少ない。

【ルシェロ ホワイト】

着色汚れが気になる方に効果的。
弱アルカリ性で汚れを落としやすくする。
歯より柔らかくキメ細やかなLime粒子(清掃剤)で汚れを落とす。
薬用成分ポリエチレングリコールPEG400がタバコのヤニを溶解除去。
フッ素が再石灰化を促進。
フッ素濃度950ppm

以上、大人向けの歯磨き粉を紹介しました。自分に合う歯磨き粉を使うためには、何を目的としているかを重視しましょう。
成分を知り、歯磨き粉選びの参考にして下さい。

来月は、子供向けの歯磨き粉についてお話しします。

pic20160422121904_1.jpg