鼻呼吸になるためのトレーニング

前回、口呼吸のリスクをお話しました。
今回は舌や口の周りの筋肉を鍛え、お口を閉じやすくするトレーニング方法をご紹介致しましす。

まずは正しい舌の位置を確認していただきたいと思います。
受診される患者さんの舌を見ていると、舌に悪い癖がついている方がとても多いです。
ゴクンと唾液を飲み込んで見てください。舌の位置はどこにありますか?
べーっと舌を出して鏡で見てください。舌に歯の跡が残っていませんか?

飲み込む時は舌が上アゴについている飲み込みかたが正しい飲み込みかたです。
舌に歯の跡が残っているのは、いつも舌を歯に押し当てて悪い飲み込み方をしている証拠です。
悪い癖はトレーニングして改善していきましょう!

あいうべ体操
口を閉じた時の舌の位置を正しい位置に戻すトレーニング方です。
大きく口を開けて『あー』と声を出した後に『いー』と声を出します。『うー』は口を強く前に突き出します。『べー』と舌を突出し思いっきり下に伸ばします。これを1セットとして1日30回程2、3回行います。

タングアップ、ポッピング
舌を上に持ち上げる練習です。

舌全体を上アゴに吸い付け、口を大きく開けて舌の裏のヒモ(舌小帯)をのばします。
このとき、舌の先が上の前歯のすぐ後ろの歯ぐきにある事が重要です。
口を開けるときに下アゴを前や横にズレさせたりせずに、まっすぐに開けます。
そのまま舌を下におろし「ポン」と音を出します。舌全体が吸い付いていないと軽い音がしてしまいます。
これを10回程度くりかえします。舌を吸い付けることの出来ない人は、まず何でもいいから「ポン」と音を出すことから始めましょう。なるべく舌全体がつく様にしましょう。

お口周りや舌の筋肉を鍛える事で、口呼吸の改善やほうれい線の予防にもなり若々しい印象を保つこともできます。是非、ご家族皆様でお試しください。