デンタルフロス使っていますか?

こんにちは(o^^o)
所沢の桜も散ってしまい少しさみしいですが、
だんだんと暖かくなり過ごしやすい気候になってきましたね♪

ところでみなさんはデンタルフロスを使用していますか?
使う習慣がない方には面倒な作業ですが、歯のすき間がせまい子どもや若者、矯正治療中の虫歯や歯肉炎の予防などには欠かせない道具です。

どの様に使えばいいのか、知る機会は少ないと思いますので、
デンタルフロスについてお話しさせていただきます。

1.デンタルフロスの頻度

デンタルフロスの利用頻度ですが、1日1回は行いましょう。
虫歯・口臭のリスクを高めるプラーク(歯垢)が2~3日で固まります。
長時間、放置されたプラーク(歯垢)に食べ物のカスや細菌が集まると歯石になり、
除去しづらくなります。
なので、1日1回はデンタルフロスを行って、プラークが歯石になる前に除去しましょう。

2. デンタルフロスのタイミング、効果を上げる時間帯

夜の寝る前に、デンタルフロスを行うことが最も有効です。
起きているときは話すことや食事をすることで、頬や舌が動くので、唾が出る機会も多くなり、それがプラーク(歯垢)の付着をある程度抑制することができます。
寝ているときは、唾が出る機会が少ない為、歯垢が付きやすく、細菌も増えやすい環境にあります。これらの理由から、夜は寝る前に歯ブラシとデンタルフロスを用いて丁寧に磨くのが有効です。

3. デンタルフロスの習慣化
デンタルフロスを習慣化しましょう。毎日継続して行うことが、1番楽です。
今までデンタルフロスを使っていなかった方は、歯の間に汚れが溜まっているため、デンタルフロスを入れるのに苦労します。
ただ、毎日行ううちに歯の間の汚れが取れ、スムーズにデンタルフロスが入るようになります。面倒だからという理由で数日おきにすると、その分汚れが溜まり、フロスを入れるのが大変になります。毎日欠かさず、デンタルフロスを行い、習慣化しましょう。

デンタルフロスや補助道具はお口の中の状態にあったものを選ぶ事がとても大切です。
使い方やデンタルフロスのタイプがわからない時は、
上新井歯科にいらした時にぜひご相談下さい(^-^)

pic20170421150659_1.jpg

pic20170421150659_2.jpg