風邪による口内炎

未分類

2017.11.10

こんにちは。

所沢の街もすっかりと冬の訪れをを感じるような寒さになりましたね。日中と夜の気温差が激しく、所沢にお住いの皆さんは風邪など引いてないでしょうか?

私はこの気温差や乾燥で少し風邪気味になってしまいました(^^;

風邪の症状でまず思い浮かぶのが、喉の痛みや咳、鼻水などと思いますが、口内炎が出来やすくなるというお口の中のトラブルまで出てくるのです。

口内炎とは、頬の内側や歯茎などの口の中や、その周辺の粘膜に起こる炎症の総称のことを指します。

口内炎は、口の中の傷に細菌が繁殖することで起こります。

口の中を噛んでしまったり、力強く歯磨きすることで口の中に傷ができると、この傷が原因となって口内炎発症につながることがあるそうです。

普段は免疫が働くことで細菌の繁殖を食い止めてくれますが、免疫力が低下すると細菌が繁殖しやすくなり、口内炎が起こりやすい状態になってしまいます。

また口内炎が出来てしまった際は、改善策として、普段の食事でビタミン(特にビタミンB2.B6)を積極的に摂るように心がけたり、うがい薬を使い頻繁にうがいをしたり、十分な睡眠を心がけたりすると良いでしょう(^-^)

全てのことが風邪予防にも繋がるので是非皆さんも実践してみてはいかがでしょうか?

とにかく日頃から免疫力を上げておくことが、とても重要ですね!