花粉症

未分類

2018.3.23

皆さん こんにちは
所沢でも いよいよ本格的な花粉シーズンが到来。天気予報ニュースの花粉情報やインターネットなどを見て、飛散量の多さに恐れおののいている人もたくさんいるのではないでしょうか(>_<)
さて、そんな花粉症の人にとってはツラい時期ですが、実は春には歯のトラブルも増加すると言われます。それは一体なぜなのか、花粉症と歯にはどんな関係性があるのか…。今回はその一部をご紹介します(^-^)/
ここ最近は、雨が降ったり晴れたりと、天気が目まぐるしく移り変わることが多いですよね。暖かくなったと思ったらまた急に冬の気圧配置に戻ったり。所沢でも春分の日に雪が降りましたね! 朝と夜で、10度以上も気温が変わる日もあります(+_+)
こんな風に変化の多い天気が続くと体調が崩れやすくなってきます。急な変化になんとか体が適応しようとして頑張りすぎて、免疫力が下がってしまうからです(×_×)
特に、歯茎などの末端の組織は免疫力が下がりやすいので要注意。普段はなんともなくても、免疫力が下がることで急に口内の菌に負け、急性の歯周病になったりすることがあります。よく「季節の変わり目には風邪を引きやすい」と言われますが、実はこの時期は歯のトラブルにも遭いやすいのです。
そこで1日30回で免疫力アップ!病院いらずのお口の体操「あいうべ体操」をご紹介します\(^o^)/
「あいうべ体操」のやりかた
次の4つの動作を順にくり返します。声は出しても出さなくてもかまいません。
(1)「あー」と口を大きく開く
※普段よりも大きめに
(2)「いー」と口を大きく横に広げる
※首に筋が張るくらいまで
(3)「うー」と口を強く前に突き出す
※しっかりと前に突き出します
(4)「ベー」と舌を突き出して下に伸ばす
※顎の先をなめる感じで
(1)~(4)を1セットとし、1日30セットを目安に毎日続ける

この体操は、真剣に行うとかなり疲れます。慣れるまでは、2~3度に分けたほうが続けやすいでしょう。入浴時にやるのがおすすめです。
また、「あいうべ体操」は、しゃべるときより口をしっかり、大きく動かす必要がありますが、無理は禁物です。
とくに顎関節症の人やあごを開けると痛む場合は、回数をへらすか、「いー」「うー」のみをくり返してください。この「いー」「うー」体操は、関節に負担がかからないため、何回行ってもけっこうです。
あいうべ体操が免疫力アップと口腔ケアにも繋がります。
ぜひ お試しください(^o^)v
所沢にお住まいの方は
上新井歯科でデンタルケアを(^o^)v
スタッフ一同 お待ちしておりますm(__)m