タバコとお口の健康

こんにちは。
西所沢にある上新井歯科です♪

近年タバコのさまざまな悪影響が問題視されています。
国立がん研究センターではタバコを吸う人は吸わない人に比べて4倍以上肺がんになりやすいと報告していますし、歯や口の中の環境にも害を与えます。

タバコを吸うとヤニ(タール)が歯に付着しますので、歯全体が黄色っぽく見えてしまいます。
ヤニは粘着性が高いので歯の表面についてしまうと、簡単には落ちません。
また、歯の表面についたヤニはほかの汚れもくっつけてしまいますので、歯の黄ばみが徐々に濃くなっていったり、黄色いのを通り超えて黒ずんでしまったりすることもあります。
ヤニが吸着するのは食べ物などの汚れだけではありません。虫歯菌も吸着してしまいます。そのため、表面にヤニがついていない歯と比べると、虫歯にかかりやすくなってしまうのです。
また、タバコに含まれるニコチンによって唾液の分泌量が落ちてしまうことも、虫歯菌の繁殖を誘発しています。唾液には虫歯を予防する効果がありますので、唾液量が少なくなると虫歯になりやすくなるのです。
歯と歯茎の色を着色させ、見た目を悪くするタバコ。
もちろん害は見た目だけではなく、虫歯や口臭、歯周病の悪化などの悪影響を与えます。

歯についてしまった汚れは歯科医院での専門的なクリーニングが必要になります。
歯のクリーニングや検診など、所沢市にお住いの方も所沢市外にお住いの方も、ぜひ上新井歯科にご来院下さい(*´꒳`*)