七五三😊

皆さん こんにちは(^-^)
だんだんと寒くなってきましたね。土曜日、日曜日に所沢市に在る「所澤神明社」で七五三のお参りに 沢山の人々が訪れて居ました。
そこで、七五三のルーツを調べてみました。
三歳の男女の「髪置き」、
五歳男子の「袴着(はかまぎ)」、七歳女子の「帯解き」のお祝いで、江戸時代には、武家や裕福な商人の間でも行われるようになりました。 やがて明治時代には三歳・五歳・七歳の三つの祝い事をまとめて「七五三」と呼ぶようになり、庶民の間にも広まりました。
これが現在の七五三の由来だそうです。七五三の7才くらいと言えば 、乳歯が抜けて 永久歯への生え変わりが始まる時期でもあります。気になる事がありましたら上新井歯科までご連絡下さい(^ ^)
所沢市にお住まいの方、所沢市以外にお住まいの方もお待ちしております!!