矯正歯科歯並びを綺麗にしたい

歯並びはいくつになっても治すことができますが、矯正治療を受けるのであればできるだけ早い年齢であることが望ましいと考えています。お子さんであれば骨の成長を活用して無理なく綺麗な歯並びを実現できます。もちろん成人の方でも矯正治療は行えます。綺麗な歯並びは人生を変えるといっても過言ではありません。

矯正は間違いなく人生を変えます

当院が矯正治療に力を入れているのは、院長である神谷規明自身が学生時代に歯の矯正により身を持ってこれを体験したからです。歯のコンプレックスが解消したことで自信が持てるようになり、人生が一変しました。このような経験から患者様の人生を左右することもある矯正治療に、大きな責任とともにやりがいを感じています。

矯正は間違いなく人生を変えます

マウスピース型矯正治療法(インビザライン矯正システム)について

これまでのメタルワイヤーを装着する矯正治療とは異なり、マウスピース型矯正治療法(インビザライン矯正システム)による矯正治療の場合、マウスピース型矯正治療法(インビザライン矯正システム)の装置は透明なプラスチックのため他人には治療中であることをほとんど気づかれません。また、自分で取り外しのできるマウスピース型の矯正治療なので日常生活への支障を最小限に抑えることができます。

マウスピース型矯正治療法(インビザライン矯正システム)について

大人の矯正

矯正治療を受けるにあたり、治療可能な年齢制限は重い歯周病にかかっていなければ40代・50代を過ぎていても治療可能です。実例では、70代から始められた方もいらっしゃいます。治療後、10年~20年と、ご自身の歯と共に生活を送ることを考えると決して遅くはないでしょう。

大人の矯正

お子さんの矯正

大人になってからの歯の矯正治療に比べ、お子さんの歯の矯正治療は歯の誘導が容易で、矯正器具を装着する期間が短く済みます。なので、大人になってから矯正治療を受けるよりもお子さんが小さいうちから治療を受けていただくことをお勧めしております。

お子さんの矯正

拡大床矯正

成長過程にあるお子さんの身体的特性を用いた治療方法です。金属のワイヤーと顎を広げるための調節ねじがついたレジン(プラスチック)のプレートを装着します。矯正を行うために歯と歯の間にすき間を確保するのが拡大床矯正です。夜間だけの装着で治療することができます。

床矯正