歯周病治療歯がぐらぐらする

歯の病気というと虫歯のイメージが強いのかもしれません。しかし、歯周病は根本から歯を失ってしまう可能性のある実は恐ろしい病気なのです。また、歯周病が進行している場合、矯正治療や審美治療も行うことができません。当院では確かな技術をもった歯科衛生士が歯周病の治療にあたっています。

虫歯より怖い歯周病

虫歯より、歯周病で歯を失う確率のほうがずっと高いことをご存知でしょうか? 歯周病の場合、痛みを感じた時にはかなり進行し病気が歯根まで及んでいる場合が多いのです。ブラッシングした時痛みはなくても出血したら、それはすでに歯周病が進んでいるサインです。20歳以上ではほとんどの人が歯周病になっているといってもいいでしょう。手遅れにならないように早めのご来院と治療をおすすめします。

虫歯より怖い歯周病

「歯を残す治療法」のご提案

歯周病が進行した場合抜歯を採用する歯科が多いのですが、当院ではなるべく「歯を残す」治療法を行っています。なぜなら歯を抜いた後は骨の部分もどんどん吸収が進んでなくなってしまうからです。インプラントを使う場合も、骨の部分が残っているうちに導入したほうが成功率は高くなります。そのためにもカウンセリングに時間をかけ、患者様にご納得いただける治療法を提案しています。

「歯を残す治療法」のご提案

歯周病の予防について

歯周病の治療は、歯石を取ってお口のクリーニングをして完了ではありません。綺麗にした歯のコンディションを保ち病気の進行を抑えるために、ハブラシによる正しいブラッシングの指導を行います。ブラッシングは汚れを落とすだけでなく、歯と歯茎をマッサージする効果もあります。マッサージによって出てくる唾液は、殺菌効果の高い非常に優秀なお薬のようなもの。唾液を出やすくすれば、お口の中は劇的によくなります。

歯周病の予防について

レーザーによる歯周病の治療

上新井歯科では歯周病の治療にレーザー光線を使用しています。レーザー光線にも様々な種類がありますが、当院では“エルビウムヤグレーザー”を使用しています。歯茎だけでなく歯石にも効果があるレーザー光線で、歯周病の原因となる歯石を削ぎ落しながら口のなかの歯周病菌を死滅させていきます。

レーザーによる歯周病の治療

ベテランの歯科衛生士による治療

上新井歯科には、臨床で技術を磨いてきたベテラン歯科衛生士が多数在籍しています。歯科医院において歯科衛生士は歯科医師の診断にもとづいて実際の治療にあたる大切な存在。歯科衛生士の技術が治療の進展を左右します。

ベテランの歯科衛生士による治療