口腔外科親知らずが気になる

痛んでいる親知らずを我慢していませんか?親知らずの生え方によっては隣接する歯の虫歯や歯周病の原因になります。悪影響を及ぼし始める前に、歯科医院を訪れて治療しておきましょう。当院では出来る限り痛みの少ない治療を行っています。

親知らずの治療 ~親知らずは抜いたほうがいいの?~

当院ではなるべく「痛みの少ない」治療をご提案しております。親知らずを残しておくことで将来の治療の選択肢を増やすことができます。虫歯や歯周病で神経を取ってしまった歯があれば、その歯を抜いて親知らずを移植して代用することもできます。このような移植は、より安全な治療につながります。

親知らずの治療 ~親知らずは抜いたほうがいいの?~

痛みの少ない麻酔方法

場合によってはどうしても親知らずを抜歯する必要がでてきます。もちろん、麻酔をするので抜歯の痛みはほとんどありません。しかし麻酔自体の痛みは確実にあります。当院ではこの麻酔の痛みも最小限に抑えるために、電動注射器を用いています。麻酔液を注入する速度や圧力をコンピューター制御することによって、痛みを少なくする仕組みです。

痛みの少ない麻酔方法

表面麻酔「TAC」

当院では、非常に効き目の強いTACという表面麻酔を採用しています。塗るだけで、通常の麻酔を注射したぐらい効くので処置によっては注射を使用せずに表面麻酔で治療を行います。

TAC