虫歯治療歯が痛い

虫歯は、最初、気にならなくてもいつの間にか放っておくとどんどん進行してしまいます。
当院では、安心して治療に来ていただけるよう、なるべく痛くなく、歯を残す治療を心掛けております。

虫歯は、早めの治療が大切?

歯の痛みは我慢しても改善されません。そもそも歯の痛みを感じる時点で虫歯はかなり進行しています。痛みの無い段階から虫歯は始まっているのです。虫歯が進めば進むほど痛みを感じる期間が長くなます。虫歯治療においては、早期発見と早期治療が大切です。
上新井歯科では、患者様の生活も考え、なるべく歯が残す治療を心掛けております。
虫歯に気づいたらできるだけはやく治療ができるように、お気軽にご相談ください。

虫歯は、早めの治療が大切?

虫歯の症状について

歯は主に歯冠と歯根に分けられ、歯冠は外側にエナメル質、その内側に象牙質、さらに内側に歯髄(いわゆる神経)という組織で構成されています。エナメル質は人体で最も硬い組織であり、虫歯にもなりにくく、日々の食事で大活躍する構造物です。
しかし、歯磨きが不十分でプラーク(細菌)が付着したまま放置すると、プラークが出す酸により少しずつ溶けてしまいます。
この、酸によって歯が溶かされる病気のことを虫歯と言います。

虫歯の症状について

虫歯の初期症状

まず始めに表面が白くなり、次に穴が開いて初期の虫歯になります。白くなっている状態はエナメル質が溶ける状態(脱灰)と唾液の成分により再び固まろうとしている状態(再石灰化)がせめぎ合っている状態です。この時に適切にケアすることで、虫歯の進行を止めることができます。もし脱灰が勝り、エナメル質に穴が開いてしまうと治療が必要ですが、エナメル質の範囲内であれば、比較的簡単な治療で終わらすことができます。エナメル質内の虫歯は痛みがなく、気づきづらいのが特徴ですので、歯科医院での定期検診で早期発見することが重要となります。

虫歯の初期症状

虫歯の末期症状

エナメル質の虫歯を放置すると、次に象牙質に進行してしまいます。象牙質はエナメル質よりも柔らかいので、虫歯の進行スピードが速く、気づかないうちに大きく広がってしまいます。象牙質まで、虫歯が進行しても痛みを感じないこともありますが、象牙質には歯髄(神経)への連絡通路があるので、痛みを感じることもあります。さらに放置を続けて虫歯が神経まで到達すると、神経を抜く治療が必要になり、歯には非常に大きいダメージとなってしまいます。痛みはわかりやすいサインですので、放置してはいけません。

虫歯の末期症状

歯が自然に治癒することはありません。
治療は早ければ早いほど、負担が少なく治療ができます。ただ、虫歯が進行し、象牙質に達しても適切に治療を行えば神経を抜かずに済みます。また、当院には「ドックスベストセメント」というすぐれた歯科材料があります。虫歯菌を殺菌することができるセメントであり、うまく使用することで象牙質を大きく蝕み、神経まで達した虫歯でも、神経を抜かずに治療することができる場合があります。

神経を抜いた後の治療

残念ながら神経を除去する必要があった場合は、根管治療(歯の根の治療)を行った後に、被せ物(クラウン)を作成します。一昔前までは金属のクラウンしかありませんでしたが、近年、歯科材料の発達により、白く、強度のあるクラウンを作ることができるようになりました。その中には保険適用のクラウンもあります。

診療予約はこちら

「白い歯」も保険適用できます。

特有の金属質の光を放つ詰め物や被せ物を、虫歯の治療に対するイメージにもっている人は少なくありません。そして「白い歯」を復元する治療には、お金がかかると思い込んでいる人も多いのではないでしょうか。当院では「白い歯」に戻す虫歯の治療でも、保険適用になる場合があります。状況によって保険適用になるかならないか変わってきます。

コンポジットレジン

例えばエナメル質内の虫歯はCR(コンポジットレジン)という合成樹脂で治療することができます。歯の色に近い材料ですので、審美的であり、歯を削る量も少なく済みます。
ただ、セラミックに比べると変色はしやすいというデメリットがあります。

コンポジットレジン

象牙質に達した虫歯は部位によって治療方法が変わります。咬合面だけの小さい虫歯であれば、コンポジットレジンでの治療が可能です。しかし、隣接面(隣の歯との接触点)から始まった象牙質の虫歯は保険の治療であれば金属の詰め物で治療するのが一般的で、歯を削る量も多くなってしまいます。

コンポジットレジン2

美しさを保つCAD/CAMクラウン

近年増えてきた白い被せ物であるCAD/CAMクラウンは、スキャニングした歯型データをコンピューター制御の機械が削り出して作製されます。そのため今まで以上に精度が上がりました。加えて金属は使用していないので、金属アレルギーや歯茎の黒ずみといった心配がありません。部位によっては保険適用になるため比較的安価です。お気軽にお問い合わせください。噛む力が非常に強い方の場合はCAD/CAMクラウンでは耐えられないということもあります。その場合は保険適用外ですが、セラミック(e-maxやジルコニア)を使った白くて強度の高いクラウンを作成し審美的な治療を行うことが可能です。

虫歯の自費治療

セラミックの詰め物

象牙質に達した虫歯で金属の詰め物が必要である場合も、白い詰め物を使用することができます。セラミック(e-max)を使った治療になるので保険適用外ですが、プラークが付着しづらいので衛生的であり、また歯と同様の色で美しく審美的です。

治療前

セラミックの詰め物 治療前

治療後

セラミックの詰め物 治療後

自費の被せ物

自費診療では良質な材料を使用して被せ物を作ることができます。主にセラミックを使用しますが、セラミックは生体親和性が高く(アレルギーが無く、体に優しい)、汚れも付着しづらい材料です。また、審美性にも優れており、天然の歯とほとんど見分けがつかない被せ物を作ることも可能です。近年では様々な材料が開発、改良されており、当院ではジルコニアやe-maxという材料を使用しています。材料にはそれぞれ特徴があるので、技工士と相談しながら、患者様のお口の状態に合う材料をご提案させていただきます。

自費の被せ物 e-max クラウン
自費の被せ物 ジルコニアセラミッククラウン

金属アレルギーの心配がない
「メタルフリー治療」

当院は金属素材を用いない詰め物・被せ物の利用をお勧めしています。金属素材を用いた詰め物・被せ物は、金属アレルギーや歯茎の黒ずみといった問題があります。それだけではなく虫歯などによる再治療の可能性も高くなります。例えば、「人工ダイヤモンド」と呼ばれるジルコニアならば、ほとんど擦り減らないだけでなく、日常生活の中での色素沈着も最小限におさえられます。プラークも付着しづらいので健康面でも優れた材料です。

金属アレルギーの心配がない「メタルフリー治療」

なるべく歯を削らない治療
「ドックスベストセメント」

虫歯の治療が痛いと思われている理由は、歯を大きく削ることにあります。ドッグスベストセメントには虫歯菌を殺菌する成分が含まれているので、今までなら削らなければいけなかった部位を削らずに治療ができます。歯を削る体積が最小限になるので、大切な歯を可能な限り残すことができ、長期的な視点では歯の寿命を延ばすことができるのです。また、ドッグスベストセメントに含まれる成分が歯の象牙質を再生させる可能性もあります。

なるべく歯を削らない治療「ドックスベストセメント」

デジタル歯科診療について

歯科業界ではデジタルデンティストリー(デジタル歯科)という言葉を聞く機会が増えてきました。なにがデジタル化されるかというと、歯科技工物(被せ物など)の作成過程がデジタル化されるのです。従来は患者さんの歯を型採りして、その型をもとに作成した模型を技工所に送り、技工所で技工物が作成され、それが医院に送られて患者さんの口に入ります。この過程では模型作成時や技工物作成時に材料の収縮や膨張が生じるのでそれが技工物と歯の誤差につながります。しかし、デジタル化によって、作業効率を上げるだけでなく、精度の高い技工物を作成することが可能になってきました。デジタルデンティストリーは型採りが口腔内スキャナーによるスキャニングに変わることから始まります。アルジネート(数分で固まる粘土のようなもの)による型採りが苦手な患者様も、光学スキャナーによるスキャニングであれば負担は少なく済みます。スキャニングされた3Dデータがそのまま技工所に送られ、データ上で設計された技工物が、3Dプリンターの様な機械で作成されます。この過程に材料の収縮や膨張による誤差は生じないので、技工物の精度は自ずと高くなるのです。

口腔内スキャナー

有名なものとして、3Mトゥルーディフィニションスキャナー、iTero、TRIOSなどがあります。
それぞれ特徴がありますが、当院では3Mトゥルーディフィニションスキャナーを使用しています。最もヘッドがコンパクトなスキャナーで、患者さんの負担が少なくスキャニングをすることができます。誤差は0.3%以内と言われています。

口腔内スキャナー

先生からのコメント

痛いイメージの虫歯治療ですが、麻酔を適切に行えば無痛での治療が可能です。治療に恐怖心があり、歯医者に行けず、虫歯が徐々に進行してしまうのは患者さんにとっても、我々にとってもつらいことです。何か変だと感じたら、まずは相談してみてください。虫歯は初期に治療するのが良いですし、何もなければ何もないことを丁寧に説明しますので、ご安心いただけると思います。

先生からのコメント