マウスピース型矯正治療法(インビザライン矯正システム)について

マウスピース矯正として世界No.1の症例数をもつマウスピース型矯正治療法(インビザライン矯正システム)は、「見えない矯正」と呼ばれています。しかし、優れている点は「見えない」というだけではありません。膨大な臨床研究に基づき日々改善が繰り返されているマウスピース型矯正治療法(インビザライン矯正システム)は、まさに最先端の矯正治療なのです。

マウスピース型矯正治療法(インビザライン矯正システム)は、マウスピースをつかった歯列矯正です。
「透明で目立たない」「取り外し可能」「痛みが少ない」などのメリットがあります。
現在、世界で600万人以上がマウスピース型矯正治療法(インビザライン矯正システム)の矯正を受けています。
当グループは、マウスピース型矯正治療法(インビザライン矯正システム)の症例数において日本TOP10に入っています。

マウスピース型矯正治療法(インビザライン矯正システム)

マウスピース型矯正治療法(インビザライン矯正システム)はこのような方におススメです

  • 歯列矯正を受けていることを他人に知られたくない方
  • 歯列矯正を受けていても食事を美味しく楽しみたい方
  • 金属アレルギーに対する不安がある方
  • 一度つけたら外せない治療に不安がある方

世界一の歯列矯正テクノロジー

「マウスピース型矯正治療法(インビザライン矯正システム)・システム」は米国アライン・テクノロジー社が1999年に米国の矯正歯科医師を対象に提供を始めたマウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置です。透明なプラスチックでできているため人目につかず、慣れたら装着感もほとんどありません。これらのメリットが多くの人々に受け入れられ、現時点までに600万人を超える患者様が治療を受けています。これはマウスピース矯正としては世界一の実績数です。

世界一の歯列矯正テクノロジー

当院はマウスピース型矯正治療法(インビザライン矯正システム)のWダイヤモンド・プロバイダーです

Wダイヤモンド・プロバイダーとは、年間151人以上のマウスピース型矯正治療法(インビザライン矯正システム)の2倍の症例をもつ歯科医院のみに与えられる認証です。この認証は毎年更新されます。マウスピース型矯正治療法(インビザライン矯正システム)矯正の効果を最大限に発揮させるには、シミュレーションを通じた調整が必要になってきます。そのため、多数の症例をもつことはマウスピース型矯正治療法(インビザライン矯正システム)調整の巧拙と密接に関係しているのです。マウスピース型矯正治療法(インビザライン矯正システム)矯正を行っている歯科医院は多数ありますが、治療を受ける際には「Wダイヤモンド・プロバイダーですか?」とご質問されることをお勧めいたします。

Wダイヤモンド・プロバイダー

長期保証で安心して治療を受けられます

当院のマウスピース型矯正治療法は、5年間の長期保証期間を設けております。
万が一、治療期間中にマウスピースを紛失されてしまった場合でも、再作製に追加費用は一切かかりません。また、5年以内にやり直しのご希望をされた場合にも、再治療の費用はいただきませんので、安心して治療を受けていただけます。
詳しい保証内容につきましてはお問い合わせください。

5年間の長期保証

歯を削るIPRとマウスピース型矯正治療法(インビザライン矯正システム)

IPR(interproximal reduction。隣接面削合、アイピーアールと読みます)とは、インビザライン矯正システムによる治療でよく行われる歯を削ることです。

インビザラインシステムによる治療でよく行われる隣接面削合(IPR)は1985年にアメリカのSheridan先生によって発表されました。

元々はワイヤー矯正において、治療をシンプルに行うために生み出されたテクニックですが、実はインビザラインシステムと非常に相性が良いテクニックです。

Sheridan先生が発表した当時は、歯と歯の間を削ることで虫歯や歯周病が増えるという意見も出されたようですが、そのようなことがないことがその後の研究によって証明されています。

少しでもご不安を和らげるため、Sheridan先生の一つの論文を当院のスタッフで和訳・全訳しました。ご興味のある方はお気軽に当院にお越しいただき、英語原文および日本語和訳をご覧ください。

歯を削るIPRとマウスピース型矯正治療法(インビザライン矯正システム)

マウスピース型矯正治療法(インビザライン矯正システム)症例紹介

12歳男性

治療前

  • 12歳男性 治療前01
  • 12歳男性 治療前02
  • 12歳男性 治療前03

治療後

  • 12歳男性 治療後01
  • 12歳男性 治療後02
  • 12歳男性 治療後03
診断 上顎前突(いわゆる出っ歯)
治療方針 マウスピース型矯正治療法(インビザライン矯正システム)システムにて上の奥歯をまず後ろに移動させ、その後上の前歯を後ろに下げて、上顎前突を改善します。。咬合状態を改善した後、保定を行います。
治療費 86万8,910円(検査、診断、毎回のチェック量、保定装置を含む料金)
治療期間 1年4カ月
リスク 1日20時間以上、マウスピースを使用できない場合、歯が動かない可能性がある。上の奥歯が後ろに移動しない場合は、小臼歯の抜歯が必要となる可能性がある。上の前歯を大きく後ろに下げる力をかけると奥歯のかみ合わせが弱くなることがあるので、その点に注意しながら治療を進めます。

15歳女性

治療前

  • 15歳女性 治療前01
  • 15歳女性 治療前02
  • 15歳女性 治療前03

治療後

  • 15歳女性 治療後01
  • 15歳女性 治療後02
  • 15歳女性 治療後03
診断 叢生(歯のがたつき)
治療方針 マウスピース型矯正治療法(インビザライン矯正システム)システムにて歯のがたつきを除去し、理想的な噛み合わせを確立した後、保定を行います。
治療費 86万5,200円(検査、診断、毎回のチェック量、保定装置を含む料金)
治療期間 1年
リスク 1日20時間以上、マウスピースを使用できない場合、歯が動かない可能性があります。

19歳女性

治療前

  • 19歳女性 治療前01
  • 19歳女性 治療前02
  • 19歳女性 治療前03

治療後

  • 19歳女性 治療後01
  • 19歳女性 治療後02
  • 19歳女性 治療後03
診断 叢生(歯のがたつき)、開咬(歯が噛み合っていない)、側方偏位(下あごが横にずれている)
治療方針 マウスピース型矯正治療法(インビザライン矯正システム)システムにて歯のがたつきを改善しながら、上下のかみ合わせを確立します。また、上下の歯の駐豪ができるだけ一致するように下あごを右側に動かします。動的治療後に保定を行います。
治療費 86万8,910円(検査、診断、毎回のチェック量、保定装置を含む料金)
治療期間 4年3カ月
リスク 1日20時間以上マウスピースを使用できない場合、歯が動かない可能性があります。上下の歯の中央のずれが大きいため、最終的に一致しない可能性があります。

20歳女性

治療前

  • 20歳女性 治療前01
  • 20歳女性 治療前02
  • 20歳女性 治療前03

治療後

  • 20歳女性 治療後01
  • 20歳女性 治療後02
  • 20歳女性 治療後03
診断 反対咬合、叢生(デコボコがある状態)
治療方針 インビザラインシステムにて下顎大臼歯の遠心移動とIPR(歯と歯の間をわずかに削合してスペースを獲得する方法)を組み込んだ動的矯正治療を行い、理想的な噛み合わせを確立した後、保定を行う。
治療費 97万2,000円(検査、診断、毎回のチェック量、保定装置を含む料金)
治療期間 2年3カ月
リスク 1日20時間以上マウスピースを使用できない場合、歯が動かない可能性がある。反対咬合を改善する際に一時的に奥歯が噛めない期間が生じる。
補足 クリンチェック(治療計画シミュレーション動画)のステージ数(マウスピースの数)が89ステージの患者様です。
ここまでステージ数が多いと、途中で治療計画の微調整が余儀なくされることが多い(経験上、目安は50ステージを超えるかどうか)が、この患者さんは89ステージ完了時点で、良い見た目と噛み合わせを確立でき、矯正治療完了し、保定治療(歯並びの維持、咬合の向上)に入りました。治療期間は2年3カ月です。
予測実現性の高いクリンチェックを作成し、精度の高いマウスピース矯正治療を提供している結果と、患者様もスタッフも喜んでいる症例です。

22歳女性

治療前

  • 22歳女性 治療前01
  • 22歳女性 治療前02
  • 22歳女性 治療前03

治療後

  • 22歳女性 治療後01
  • 22歳女性 治療後02
  • 22歳女性 治療後03
診断 切端咬合(上の前歯の先端同士が接している状態)、上顎左右の犬歯が矮小歯
治療方針 インビザラインシステムにてIPR(歯と歯の間をわずかに削合してスペースを獲得する方法)を下顎に組み込み、下顎前歯を後ろに下げる動的矯正治療を行い、理想的な噛み合わせを確立した後、保定を行う。
治療費 62万2,000円(検査、診断、毎回のチェック量、保定装置を含む料金)
治療期間 1年2カ月
リスク 1日20時間以上マウスピースを使用できない場合、歯が動かない可能性がある。矮小歯の形態は矯正治療では変えられないので、見た目が気になる場合は被せ物を作成する必要がある。

23歳女性

治療前

  • 23歳女性 治療前01
  • 23歳女性 治療前02
  • 23歳女性 治療前03

治療後

  • 23歳女性 治療後01
  • 23歳女性 治療後02
  • 23歳女性 治療後03
診断 叢生(デコボコがある状態)、上顎前突(出っ歯)、過蓋咬合(かみ合わせが深い状態)
治療方針 インビザラインシステムにて矯正用ゴムを併用した上顎大臼歯の遠心移動とIPR(歯と歯の間をわずかに削合してスペースを獲得する方法)を組み込んだ動的矯正治療を行い、理想的な噛み合わせを確立した後、保定を行う。
治療費 86万4,000円(診断、型取り、毎回のチェック料、保定装置を含む料金)
治療期間 1年7カ月
リスク 1日20時間以上マウスピースを使用できない場合、歯が動かない可能性がある。奥歯を動かしている間はかみ合わせが安定しない

24歳女性

治療前

  • 24歳女性 治療前01
  • 24歳女性 治療前02
  • 24歳女性 治療前03

治療後

  • 24歳女性 治療後01
  • 24歳女性 治療後02
  • 24歳女性 治療後03
診断 叢生(デコボコがある状態)、開咬(上下の歯が噛み合っていない状態)反対咬合
治療方針 インビザラインシステムにて歯列の拡大、右下の親知らずを抜歯し下顎大臼歯の遠心移動とIPR(歯と歯の間をわずかに削合してスペースを獲得する方法)を組み込んだ動的矯正治療を行い、理想的な噛み合わせを確立した後、保定を行う。
治療費 86万4,000円 (診断、型取り、 毎回のチェック料、保定装置を含む料金)
治療期間 2年1カ月
リスク 1日20時間以上マウスピースを使用できない場合、歯が動かない可能性がある。舌の癖をコントロールできない場合は後戻りが生じる可能性がある。奥歯を動かしている間はかみ合わせが安定しない。

25歳女性

治療前

  • 25歳女性 治療前01
  • 25歳女性 治療前02
  • 25歳女性 治療前03

治療後

  • 25歳女性 治療後01
  • 25歳女性 治療後02
  • 25歳女性 治療後03
診断 叢生(デコボコがある状態)、部分的な反対咬合
治療方針 インビザラインシステムにて歯列の拡大とIPR(歯と歯の間をわずかに削合してスペースを獲得する方法)を組み込んだ動的矯正治療を行い、理想的な噛み合わせを確立した後、保定を行う。
治療費 90万1,950円(検査、診断、毎回のチェック量、保定装置を含む料金)
治療期間 2年6カ月
リスク 1日20時間以上マウスピースを使用できない場合、歯が動かない可能性がある。動きが悪い場合は上下小臼歯を4本抜歯する治療計画に変更する可能性がある。拡大を行うことで歯肉が下がる可能性がある。反対咬合を改善する際に一時的に奥歯が噛めない期間が生じる。

26歳女性

治療前

  • 26歳女性 治療前01
  • 26歳女性 治療前02
  • 26歳女性 治療前03

治療後

  • 26歳女性 治療後01
  • 26歳女性 治療後02
  • 26歳女性 治療後03
診断 叢生(デコボコがある状態)、開咬(上下の歯が噛み合っていない状態)
治療方針 インビザラインシステムにて歯列の拡大とIPR(歯と歯の間をわずかに削合してスペースを獲得する方法)を組み込んだ動的矯正治療を行い、理想的な噛み合わせを確立した後、保定を行う。
治療費 88万7,400円(検査、診断、毎回のチェック量、保定装置を含む料金)
治療期間 2年1カ月
リスク 1日20時間以上マウスピースを使用できない場合、歯が動かない可能性がある。動きが悪い場合は抜歯を治療計画に組み込む可能性がある。舌の癖をコントロールできない場合は後戻りが生じる可能性がある。

27歳女性

治療前

  • 27歳女性 治療前01
  • 27歳女性 治療前02
  • 27歳女性 治療前03

治療後

  • 27歳女性 治療後01
  • 27歳女性 治療後02
  • 27歳女性 治療後03
診断 叢生(デコボコがある状態)部分的な反対咬合
治療方針 インビザラインシステムにて歯列の拡大とIPR(歯と歯の間をわずかに削合してスペースを獲得する方法)を組み込んだ動的矯正治療を行い、理想的な噛み合わせを確立した後、保定を行う。
治療費 86万4,000円(診断、型取り、毎回のチェック料、保定装置を含む料金)
治療期間 1年7カ月
リスク 1日20時間以上マウスピースを使用できない場合、歯が動かない可能性がある。反対咬合を改善する際に一時的に奥歯が噛めない期間が生じる。拡大を行うことで歯肉が下がる可能性がある。舌の癖をコントロールできない場合は後戻りが生じる可能性がある。

38歳女性

治療前

  • 38歳女性 治療前01
  • 38歳女性 治療前02
  • 38歳女性 治療前03

治療後

  • 38歳女性 治療後01
  • 38歳女性 治療後02
  • 38歳女性 治療後03
診断 開咬(上下の歯が噛み合ってない状態)
治療方針 マウスピース型矯正治療法(インビザライン矯正システム)システムにて奥歯の圧下(下に沈めること)、前歯の挺出(噛み合うように出すこと)を組み込んだ動的矯正治療を行い、理想的な噛み合わせを確立した後、保定を行います。
治療費 100万2,640円(検査、診断、毎回のチェック量、保定装置を含む料金)
治療期間 4年3カ月
リスク 1日20時間以上マウスピースを使用できない場合、歯が動かない可能性がある。舌の動かし方に問題がある可能性があるので、舌の動かし方を改善しないと後戻りしやすいと考えられます。

37歳男性

治療前

  • 37歳男性 治療前01
  • 37歳男性 治療前02
  • 37歳男性 治療前03

治療後

  • 37歳男性 治療後01
  • 37歳男性 治療後02
  • 37歳男性 治療後03
診断 空隙歯列(歯の間に隙間がある状態)、上顎前突(いわゆる出っ歯)、過蓋咬合(かみ合わせが深く下の前歯があまり見えない状態)
治療方針 マウスピース型矯正治療法(インビザライン矯正システム)システムにて上顎の前歯を後ろに下げながら、歯と歯の隙間を閉鎖する。また、下の前歯を圧下(歯肉に沈める方向に動かす)して、過蓋咬合を改善する動きを組み込んだ動的治療を行い、理想的な噛み合わせを確立した後、保定を行います。
治療費 92万7,550円(検査、診断、毎回のチェック量、保定装置を含む料金)
治療期間 4年3カ月
リスク 1日20時間以上、マウスピースを使用できない場合、歯が動かない可能性があります。上の前歯を大きく後ろに下げる力をかけると奥歯の噛み合わせが弱くなることがあるため、その点に注意しながら治療を進めてきます。